マダムHarukoのフランスレポート

パリ・ファッションウィーク

2017.10.9 パリ,ファッション,パリコレ,モデル,イヴ・サンローラン,美術館,ツアー,マダムHaruko


毎年恒例のパリコレ(プレタポルテ女性2018年春夏シーズンコレクション)の季節です。ニューヨーク、ロンドン、ミラノに続き、今年は9月26日から10月3日に開催されました。
「華の都」パリも、この期間はより一層煌びやかになります。ファッション関係者がにわかに集合し、街を歩くとモデルさんかしら?という方や、おしゃれな人もたくさん見かけます。ブランドショップのウィンドーディスプレーも特別に力が入っているのが伝わり、気分もワクワクしてきます。
また、この期間はショー以外にも様々なファッションイベントが市内で行われます。なかでも今年大いに注目を浴びたのは、イヴ・サンローランの美術館(le Musee Yves Saint Laurent)のプレミアムオープン。
20世紀のファッション業界をリードし「モードの帝王」と呼ばれたトップデザイナー、イヴ・サンローランの美術館オープン(10月3日)に先駆け、10月1日に一般公開がされました。
場所は9番線メトロのAlma Marceau。プレミアムオープン当日は、小雨の肌寒い悪天候にもかかわらず駅を出ると長蛇の列、担当者に聞くと3〜4時間待ちとのことでした。
Chambre de roi
美術館は、イヴ・サンローランが30年 (1974年〜 2002年) にわたって制作活動を行い、現在はピエール・ベルジェ - イヴ・サンローラン財団が本部を構えている450平米の建物を改築したもので、彼の服飾品、デザインの展示を含め、クチュールハウスのサロンやアトリエが再現されています。
この美術館に尽力したイヴ・サンローランの公私にわたるパートナー、ピエール・ベルジェ氏は、今年6月8日のプレス発表会には出席されていたのですが、美術館のオープニングを見届けることなく先月86歳で他界されたそうです。
今後パリでは、2018年1月にメンズコレクション、オートクチュールの発表があり、次回のパリコレ(プレタポルテ女性の秋冬シーズンコレクション)は、2018年2月26日から3月6日に開催されます。
この時期にパリを訪れると、普段より一層おしゃれなパリの街を体験でき、ショッピングの楽しさも一層膨らむことと思います。
le Musee Yves Saint Laurent
https://museeyslparis.com
住所   5 avenue Marceau 75116 Paris
電話番号 +33 (0)1 44 31 64 00
営業時間 火曜日から日曜日 11時から18時(最終受付17時15分)
     金曜日は21時まで(最終受付20時15分)
定休日  月曜日(但し、1月1日、5月1日、12月25日は閉館。12月24日と31日は16時30分まで)

おすすめのパリ滞在コースはこちらから