ラトビア Republic of Latvia

  • 現地情報
  • 旅行情報
  • ツアー

現地情報

正式名称

ラトビア共和国

首都

リガ

人口

2,014,000人

面積

64,589㎢

人種・民族

ラトビア人、ロシア人、その他

宗教

プロテスタント(ルター派)、カトリック、その他

公用語

ラトビア語

通貨

ユーロ 単位・略称|EUR

日本との時差

-9時間。イギリスの方が遅れています。夏時間採用時は-8時間。

サマータイム

3月最終日曜日午前1時〜10月最終日曜日午前1時(UTC基準)

気候

日本のような四季があるが東京都比べて気温は低め。気温の上下も激しいため、日本の同時期よりも暖かい服装を用意した方がよい。

国際電話番号

371

電圧とプラグ

電圧は220Vで周波数は50Hz。プラグはCタイプ

郵便

日本へは航空便でおおよそ4〜10日程度。ハガキ0.50Ls、封書(〜20g)0.50Ls、小包(〜1kg)12.64Ls、EMS書類(〜500g)14Ls。

飲料水

ミネラルウォーターの飲用を推奨

インターネット接続

都市部では無料Wi-Fiもあり。レンタルWi-Fiなどが無難。

チップ

伝統としてのチップの習慣はないので必ずしも置く必要はないが、観光化が進むにつれチップも受け入れられるようになってきている。地元の人でも置く人、置かない人に分かれる。
一般に、カフェなどで食事をした時は、料金プラス0.50Ls前後になるような端数のないお金を置いていくとスマート。レストランなどでは総額の10%程度で充分と思われるが、もちろん気持ち次第で増やしてもかまわない。

治安

治安は比較的良好。都市部ではスリ、置き引きなどに注意すること。

旅行情報

パスポート

シェンゲン協定国を出国する日より3ヵ月以上必要

ビザ

6ヵ月間で合計90日以内の滞在はビザ不要

税関

【入国時】
タバコ: 200本又は細葉巻100本又は葉巻50本又はタバコ製品250G
酒: 22%超の蒸留酒1L又は蒸留ワイン2Lと他ワイン類2L又はその他の酒類2L(前記18才以上)
香水: 50ML又はオードトワレ0.25L
コーヒー:500g又はインスタントコーヒー200g(16歳以上)は無税で持ち込み可。
1万ユーロ相当額以上の外貨の持ち込み、持ち出しは申告が必要。

国際免許証での運転

不可

特記事項

ラトビア入国の際は、旅行傷害保険の加入が必要となっている。
(滞在中に英文加入証明書の提示を求められる場合がある。)
※弊社より保険のご紹介はさせて頂きますが、必ず下記を満たす保険にご加入頂きますようお願いいたします。
■保険の要件は以下の通り。
<1> 滞在期間をカバーするもの。
<2> 治療・救援(日本への遺体搬送が含まれるもの)の補償費用が最低EUR30,000相当のもの。
<3> クレジットカード付帯の保険を利用する場合は、カード会社に保険証券の発行(英文書類)を依頼し、持参する。