7月14日 フランス パリ「革命記念日」について

フランスは、7月14日(土)が「革命記念日」(BASTILLE DAY)の祝日です。
当日、パリのシャンゼリゼ大通りでは、午前10時より毎年恒例の軍事パレードが開催されます。
また午後11時(23時)からはトロカデロ庭園より花火が打ち上げられる予定です。
これに伴い、シャンゼリゼ大通りやシャン・ド・マルス公園、その他市内中心部では
7月14日(土) 午前6時30分~深夜にかけて車両進入禁止となり、市内各所にて終日交通規制に伴う混雑が予想されます。また、シャンゼリゼ大通りやコンコルド広場では、数日前よりリハーサルが行われる予定で、その間も交通が規制される可能性があります。

多くの人出が予想されますので、同時期にパリへご旅行のお客様はスリ、置き引きなどにいつも以上にご注意ください。

パリ ・オルリー空港周辺道路の工事に伴う影響(7~9月)

フランス パリのオルリー空港周辺のA106道路にかかる橋の改修工事が
2018年7月25日(水)~9月30日(日)まで行われる予定です。
工事期間中は片側通行となるため、オルリー空港への所要時間が
通常より30~45分程度多くかかる見込みです。

同期間にオルリー空港発着のフライトをご利用のお客さまはご注意ください。

スイス・モントルー ジャズフェスティバル開催

スイス レマン湖畔東部のリゾート・モントルーで、2018年6月29日(金)~7月14日(土)の
期間「Montreux Jazz Festival」が開催されます。フェスティバル開催中は25万人を超える観客が見込まれております。これに伴い期間中は、フェスティバル会場周辺のアルプ通りや
クロード・ノブ通りの駐車場が使用禁止となるなど、交通規制が敷かれ混雑が予想されます。

※「Montreux Jazz Festival」公式サイト
https://www.montreuxjazzfestival.com/ (フランス語、ドイツ語、英語)

スペイン グラナダ「アルハンブラ宮殿」入場情報

スペインで2番目に訪問客数が多いイスラム建築の至宝「アルハンブラ宮殿」。年間を通して人気の場所ですが、特に夏のハイシーズンはできるだけ早めに公式サイト上からネット予約、又は電話で事前購入をすることをお勧めします。また、チケット引き渡しには購入時に使用したクレジットカードと本人確認のためのパスポートが必要です。余裕をもってご計画ください。

★エールフランス★ ボーイング787 いよいよ大阪就航!

★エールフランス★ ボーイング787 いよいよ大阪就航!
記念キャンペーン&期間限定CAFÉをオープン!

6月19 日(火)新しいエールフランスが、大阪からはじまります。最新機材 ボーイング787の就航を記念して、大阪・梅田に「Caféエールフランス」が期間限定でオープンします。
さらに、エールフランスのホームページからの応募でパリ行き航空券や、オリジナルグッズなど合計100名様に抽選でプレゼント!是非ご応募ください。
 
https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/local/transverse/footer/b787.htm?LinkKeyword=AFNetwork&pa=true&zoning=CTA&utm_medium=Email_NewsLetter_NonTactic&utm_source=Unica&utm_campaign=AFNetwork_140&ESV_market=JP

2018年のベルギー クリスマスと光のイベント情報

ベルギー各地では、毎年11月末から1月初旬にかけて、クリスマスのイベントが開催されます。2018年度 11月の後半から各地で開催されます。夏と違い日が暮れるのが早い冬の時期ですが、寒い時期ならではの澄んだ空気の中の光のイベントはいかがでしょうか?
https://www.hollandflanders.jp/newsletter/12664

提供 オランダ&ベルギー・フランダース 観光ニュース www.hollandflanders.jp

5月19日 イギリス ウィンザー「ロイヤルウェディング」開催について

ヘンリー王子とアメリカの女優メーガン・マークルさんの結婚式が、
2018年5月19日(土)にロンドン郊外のウィンザー城で行われます。
この影響により5月18日(金)~19日(土)にかけて交通規制が敷かれ、
混雑が予想されます。ご注意ください。

燃油サーチャージ情報 日本航空

日本航空は、6月1日から7月31日までの間に発券する日本発の国際航空券について、
燃油サーチャージ徴収額を5月までの航空券発券分と同価格に据え置くと発表しました。
2018年2月より燃油サーチャージの変更はされていません。

燃油サーチャージ(6月1日~7月31日発券分)
(路線/片道あたりの徴収額)
韓国・極東ロシア/500円
中国・台湾・香港/2500円
グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム/3000円
タイ・シンガポール・マレーシア/4500円
インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ/6000円
北米・欧州・中東・オセアニア/1万500円

フィンランド航空 2018年冬ダイヤは成田・中部空港線を一部期間増便

ヨーロッパへ最速の翼「フィンランド航空」は2018年冬ダイヤの一部期間において、成田及び中部⇔ヘルシンキ線を増便します。成田線は10月28日から12月5日までのヘルシンキ発便と、10月29日から12月6日までの成田発便について、17年冬ダイヤより、週2便増の週9便で運航予定。中部線は10月29日から12月3日までのヘルシンキ発便と、10月30日から12月4日までの中部便について、週1便増の週6便で運航予定。使用機材は成田線が計297席のA350型機、中部線が計263席のA330型機。

なお、18年夏ダイヤも成田線は週11便で運航していますが、5月13日からはダブルデイリー(1日2便)に増便します。中部線はデイリー(1日1便)で運航します。

ヘルシンキの空港はコンパクトで乗り継ぎも非常にし易く、ヨーロッパの主要都市へもスムーズに
移動ができます。エコノミークラスの前方にあるエコノミーコンフォート席(計40席)も人気です。