フランス パリ ルーブル美術館

2018年1月16日

フランス パリのルーブル美術館所蔵のドラクロワ作「民衆を導く自由の女神」は、展示室となっている「フランス19世紀大絵画ロマン主義の部屋」の閉鎖に伴い、以下の期間は一時鑑賞不可となります。

■「民衆を導く自由の女神」鑑賞不可期間: 2018年1月10日~2月末まで(予定)